駐車場経営のトラブルとその対処法

トラブル

駐車場経営をしていると、いくつかのトラブルが起こることがあります。
トラブル内容はそれぞれですが、中には警察に連絡しなければならないような大きなトラブルもあるんです。
ここではどんなトラブルが起こるのか、またそれをどう対処していくかについて解説していきましょう。

料金支払いのトラブル

まず料金支払いのトラブルについて。
駐車場の料金支払いシステムは駐車場によって異なります。
駐車スペースにフラップ板があり、駐車するとフラップが上がって車を動かせなくなるシステムです。
清算すればフラップは下がります。


このフラップ板に関しては、フラップが上がっているにもかかわらず無理矢理出ようとするトラブルがあるようです。

車体に大きくキズがつきますし、最悪の場合フラップが故障する可能性もあります。

開閉バーの破損

次に出入り口に開閉バーがあり、料金を精算するとバーが上がって出られるシステム。
こちらはバーが下がっているにもかかわらず、バーを押しのけて無理矢理出ようとするトラブルがあります。

こちらも車体が傷つく恐れがありますし、バーが折れる可能性もあります。
二つの対処法に関しては監視カメラの設置が重要です。監視カメラで無理矢理出て言った車が特定できれば、すぐに警察に相談しましょう。

不法投棄についてのトラブル

次に不法投棄についてのトラブル。
駐車場は基本的には無人であることが多いです。

精算機を置いておけば勝手に停めて勝手に清算して出ていくという感じなので、人がいる必要がないからです。

しかし無人だからこそ起きるトラブルも多くあります。

その一つが不法投棄。

ちょっとしたごみを車に乗せるのが嫌だからその場で捨てるだけならまだしも、大型の家電などを駐車場に捨ててそのまま…なんてトラブルもあるんです。
大型のものとなると粗大ごみになるので、こちらがお金を払って処分しなければいけなくなります。

ちょっとしたごみは多くの人が捨てるので特定が難しいもの。だからといってそのままにしておくと汚い駐車場なんてレッテルが貼られるかもしれませんので、こまめな清掃が必要です。

大型の家電に関しては悪質であると言えるので、こちらも監視カメラにて対処することが大事です。

監視カメラで不法投棄をした人物を撮影しておき、さらに車についても特定します。
それを警察に相談すれば犯人はすぐに見つかりますよ。

違法駐車のトラブル

次に違法駐車に関してのトラブル。
前述した通り、駐車場経営の際は料金精算機を必ず置いておきます。

そのため勝手に出られるということはないのですが、中には車を停めるだけ停めて、そのまま長期間取りに来ずそのまま放置するなんてこともあるようです。
パーキングは多くの人が長くても一日程度しか停めませんので、長期間停められるとそこのスペースだけ空かずに困ってしまいますよね。

この場合はレッカー移動で対応する必要があります。
駐車場経営の際には入り口などに注意書きを事前に書いておくと思います。
そこに長期間停めている場合はレッカー移動することがあるなどの旨を記載しておくと良いでしょう。

近隣住民とのトラブル

最後に近隣住民とのトラブル。
パーキングなどの駐車場は全国の至るところにあります。
中には住宅街の中にひっそりとあるものも多いでしょう。

住宅街にあることで実は近隣住民からクレームがくることもあるんです。
まずパーキングに設置している看板などに関するクレーム。
看板は日中はそこまで目立たないものの、夜になると当然見やすくするために電気がつきます。

その電気が明るすぎるなどのことで付近の住民からクレームがくることがあるようです。

夜間にも利用者がいるのであれば住民を説得するしかありませんが、夜間に利用者がいないようであれば、思い切って看板の電気を数時間だけ消しておくのも手の一つです。

 

また近隣住民とのトラブルに関して、防犯面での心配という点もあるようです。

駐車場というのは誰でも停められるものなので、近隣住民からすれば怪しい人が停めているんじゃ…と不安になるもの。

どんな人が停めているかに関しては突き止めようがありませんし、何のトラブルも起こしていないならどうしようもありません。

これに関しては監視カメラの設置、そして経営者本人が定期的に巡回を行うことで解消できるかもしれません。

住民にきちんとその旨を説明し、納得してもらいましょう。

 

駐車場経営というのは意外にトラブルが多いもの。

トラブルが多くて対応できないという場合は、コインパーキング業務委託業者に依頼することも検討した方が良いかもしれませんね。