駐車場経営は儲かる?メリット・デメリットから見たアパート経営との比較

遊んでいる土地を保有している人ならば、一度は駐車場経営に興味を持つことでしょう。

自動で毎月お金が入ってくるなんて、素晴らしいシステムですよね。

ですが、本当に駐車場経営は儲かるのか?と疑問に思っている人も少なくないはず。

ヒカリ
ヒカリ

その答えを一緒に見ていきましょう。

【完全無料】失敗しない駐車場経営ノウハウはコチラ
駐車場経営の資料請求で各社を比較

>>一括資料請求で比較してみる<<

駐車場経営のメリット

ヒカリ
ヒカリ

結論を急ぐ前に、まずは駐車場経営の魅力を知りましょう。

駐車場経営のメリット1 初期費用が少ない

月極駐車場をするにしても、コインパーキングをするにしても、駐車場経営はとにかく初期費用がかかりません。

コインパーキングの場合には精算機などの設備にお金がかかるんじゃ?

と思う人もいるかもしれませんが、それは全て自分で経営を行った場合のお話です。

★でも解説していますが、不動産屋に仲介業者として入ってもらうことができれば、それらの初期費用は全て不動産会社が負担してくれます。

そのため極端な話、土地さえあれば0円で駐車場経営を始めることも不可能ではないのです。

ヒカリ
ヒカリ

その土地にアパートなどを建てることを考えれば、投資額はすごく抑えられますね。

駐車場経営のメリット2 別の使いみちへの変更も容易

遊んでいる土地に何かしらの建物を建てて借家権契約(家を貸す契約)を結んだ場合、借地借家法という法律によって、今後その土地を別の用途に使うことが非常に困難になります。

ですが、駐車場はその法律の対象外となりますので、事前に通告さえしておけば月極駐車場であっても契約者を立ち退かせることが可能です。

そのため、

  • 駐車場→マンション建設
  • 駐車場→アパート建設
  • 駐車場→駐車場をやめて土地を売却

といったように、他の活用方法への変換も容易に行うことができるのです。

ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営なら、その後の様々な選択肢を残したまま収入を得ることができるんです。

駐車場経営のメリット3 立地にこだわらない

どのような立地でも儲けることが可能というわけではありませんが、駐車場なら

  • 駅から距離があっても
  • 建物が建てられない用途地域制限のエリアであっても

稼げる可能性が高いビジネスです。

通常、駅から遠い土地であればアパート経営やマンション経営には不向きです。

また、用途地域制限に該当するエリアであれば、店舗やオフィスビルで賃貸として活用することも叶いません。

駐車場ならそのどちらにも縛られることがありませんので、駐車場経営は非常に有効な土地の使い方だと言えるでしょう。

ヒカリ
ヒカリ

たとえ駅から遠くても、高いニーズがある駐車場は現実にたくさんあります。

駐車場経営のデメリット

ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営には良いところもあれば悪いところもあります。

駐車場経営のデメリット1 固定資産税が高い

中には、税金対策のために遊んでいる土地を駐車場にしたいと思っている人もいるかもしれませんが、残念ながら駐車場経営では税金対策にはほとんど貢献しません。

と言うのも、駐車場の固定資産税は更地の状態のときと変わらないためです。

アパートなどを建設して住宅用地として利用すれば固定資産税は6分の1ぐらいになるのですが、駐車場経営だと更地と同じ評価です。

ヒカリ
ヒカリ

住宅用地として維持するよりも6倍もかかるのはちょっと高いですよね。

駐車場経営のデメリット2 立体駐車場は建設が認められない場合も

立体駐車場の経営を検討している人は極々少数かと思いますが、立体駐車場には建築基準法という法律が適用されます。

それが適用されるとどうなるかというと、住宅地での建設が認められない可能性が高まります

そのため、計画当初の駐車台数を確保することができず、計画自体を最初から見直さなければいけない事態にもなりかねません。

ヒカリ
ヒカリ

立体駐車場は解体コストの問題もでてきますので、初心者にはちょっと敷居が高いです。

駐車場経営は儲かる?アパート経営との比較

ここまで駐車場経営のメリット・デメリットを見てきましたが、儲かるか儲からないかと聞かれれば、儲かる場合もあれば儲からない場合もあるという回答になります。

ただし、きちんと計画して駐車場経営を進めれば儲かる可能性のほうが高い上に、初期投資もかかりませんのでビジネスとしては非常に魅力的です。

収益としてはそこまで爆発的に伸びることはありませんが、他の土地活用法と比較してみても、低リスクで安定的に稼ぐという意味では駐車場経営以上のものはないでしょう。

▽ 駐車場経営とアパート経営の比較

活用方法 土地の活用例 リスク 収益
駐車場や太陽光発電での利用 初期費用を抑えて運営
商業施設(コンビニ業者など)に土地を貸す 土地を貸して賃料をもらう
アパートやマンションを建築して経営する 建物を立てて運営
ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営で爆発的に大きく稼ぐことはできませんが、着実に収益を積み重ねるビジネスモデルです。

駐車場経営を成功させる3つ秘訣

ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営を成功させる秘訣をこっそり教えますね。

成功の秘訣1 車を止めたいと思わせる

駐車料金や立地という要素も非常に重要ですが、駐車場を利用するのは人です。

そのため、車を置きたいと思わせるような駐車場にすることも忘れてはいけません。

  • 周りに人目はあるか?
  • 防犯カメラは設置されているか?
  • フェンスで囲われているか?
  • 車と車の間のスペースは充分か?
  • 道から駐車場の車全体が見渡せるか?

などなど、駐車場を利用するユーザーは料金や立地だけでなく、車の安全も考えています。

いくら料金が安くて立地がよくても、車にイタズラをされてはたまりませんからね。

ヒカリ
ヒカリ

ユーザーに寄り添った配慮がある駐車場を目指しましょう。

成功の秘訣2 料金を安くしすぎない

周りに別の駐車場がある場合、「そこから少しでもユーザーを引き込めれば」と思って、ついつい最初から周りの相場よりも安く金額設定をしてしまう人がいます。

ですが、最初から相場を崩すような金額設定をしてはいけません。

自分がその料金にできるということは、相手もその料金にできる可能性が高いです。

自分の値下げに対して相手も金額を合わせてくると、状況は何も変わらないままお互いの収益が落ちてしまうだけになります。

ヒカリ
ヒカリ

最初から相場価格を破壊するようなことはせず、徐々に調整していきましょうね。

成功の秘訣3 月極とコインパーキングの合わせ技

駐車場の運営方法には、

  • 月極駐車場
  • コインパーキング

の2通りがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、土地の全てをどちらかにしなければいけないことはありません。

広い駐車場の場合、月極だけでは埋まらないこともありますので、土地の半分をコインパーキングにするという手段もあるのです。

空きスペースを時間貸しにすることで収益性は大幅に向上しますので、そういった方法があることも覚えておくと良いでしょう。

ヒカリ
ヒカリ

使われていないスペースがあるのは、とってももったいないことですよ。

駐車場経営で失敗するのは全部1人でやろうとするから

3つの成功の秘訣をご紹介しましたが、既に駐車場経営の経験があるという人でない限り全部1人でやろうとすると失敗します

考えれば当たり前のことなのですが、

  • 車を置きたいと思われる配置
  • 相場料金を比較した上での料金設定
  • 駐車場所を検討した上での料金設定
  • 開始前の利用者シミュレーション
  • 月極駐車場かコインパーキングか
  • トラブルがあったときの対応方法

などなど、駐車場経営には事前に決めておくことがたくさんあります。

知識も経験もない人がこれら全てを自分でできるでしょうか?

答えはNoです。

確かに、全て1人でやれば仲介料がありませんので、全て利益を総取りすることが可能です。

ですが、その逆もまた然りで、何かしらのトラブルがあったときには、全て自分で責任を負う必要がでてきます

そのため、「稼ぐために始めたつもりが思ったように稼げず、管理に使っている時間を考えればバイトの給料よりも低い。」と言ったことは珍しいことではありません。

何もかも1人でやろうとするのはダメですよ。★

余っている土地を上手に活用し、将来のお金の不安から少しでも開放されたいのであれば、まずは土地活用のプロに状況を確認してもらうのが1番です。

どう考えても無理なら無理だとキッパリ伝えてくれますし、良い駐車場になる可能性があるならあなたの駐車場に合った最適な形を提案してくれます。

ヒカリ
ヒカリ

やる・やらないを決めるのは最終的にあなたですが、わざわざ1人で失敗のリスクを増やす必要はありませんよ。

【完全無料】失敗しない駐車場経営ノウハウはコチラ
駐車場経営の資料請求で各社を比較

>>一括資料請求で比較してみる<<
駐車場経営マニュアル
ヒカリをフォローする
秘書が教える土地活用術
タイトルとURLをコピーしました