駐車場を値上げする注意点|収入を効率的に増やすには?

経営している駐車場が人気で空き待ちの状態になった場合、あなたならどうするでしょうか?

おそらく、多くのオーナーなら値上げを検討しますよね。

ですが、安易な値上げは逆に収入の低下・信頼の喪失に繋がってしまいます。

このページでは、そんな駐車場の値上げの注意点を紹介していきます。

失敗しない経営ノウハウ

駐車場経営の資料請求で各社を比較してみましょう。

駐車場を値上げする注意点

ヒカリ
ヒカリ

駐車場の値上げで大切なのは、利用者に不満を感じさせず値上げをすることです。

近隣の駐車場の状況を知る

近隣に駐車場がある場合には、まずはその駐車場の調査から始めましょう。

駐車場経営を始めるときにも調査は念入りに行なっているかと思いますが、運営開始から日が経っている場合には、環境にも変化が出ているはずです。

もしも、近隣に同じような駐車場がたくさんあって、環境自体も自分の駐車場よりも快適な場合(フェンス有り・監視カメラ有りなど)には、値上げは中々難しいです。

周りに駐車場がなかったとしても、急激な値上げには利用者は納得しません。

ヒカリ
ヒカリ

そもそも、値上げを喜ぶ利用者はいません。

そのため、こちら側も多少の経費を使って何かしらのメリットを提示した上で値上げを連絡するのがおすすめです。

例えば、以下のような手法です。

  • 監視カメラを取り付けて値上げ
  • フェンスを貼って値上げ
  • 車止めブロックを設置して値上げ
  • 白線番号を引き直して値上げ

と言ったように、利用者にとってもメリットが感じられる内容があれば、利用者も納得してくれやすい上に、信頼を損ないません。

最初に多少経費がかかってしまうデメリットがありますが、それでも信頼に勝るものはないでしょう。

値上げできるタイミングを知る

値上げすると決めた後にも、注意点があります。

駐車場利用者とは月極駐車場の場合、事前に契約を結んでいるはずです。

そのため、今日値上げを伝えて来月から値上げするということができないのです。

値上げできるタイミングは利用者の契約の更新日のタイミングですので、そこも忘れずに確認しておきましょう。

ヒカリ
ヒカリ

利用者に値上げを伝えるのは早いほうが良いです。可能なら、半年ぐらい前から伝えておくのが親切ですよ。

コインパーキングの場合には看板の作り変えが必要となりますので、看板自体を新しくするか、上から別の数字のシールだけを貼るかという対応になります。

また、機器の料金設定も変更する必要がありますね。

いずれにしても、思い立ってスグに値上げということは難しいですので、1つ1つ進めていきましょう。

駐車場の値上げ以外の方法で収入を増やすには?

ヒカリ
ヒカリ

収入を増やしたい場合、すぐに値上げを考えてしまいがちですが、収入を増やす方法は他にもたくさんあります。

駐車場のレイアウトを変更する

たとえ今は満車であったとしても、駐車場のレイアウトを少し工夫すれば、もう1台~2台分のスペースを確保することができるかもしれません。

まったく利用されていないデッドスペースが目立つ駐車場というのは、意外と少なくないものです。

デッドスペースはほとんどないという場合であっても、普通車用と軽自動車用を分けることでスペースは増やせます。(もちろん料金も分けてあげてくださいね)

ヒカリ
ヒカリ

既に利用者がいる状況であれば、普通車○台、軽自動車○台という判断もつきやすいですね。

安心感を提供する

利用者の安心感をくすぐるのも有効な手段です。

  • 砂利で舗装されていないロープ貼りの駐車場
  • アスファルト整備された白線番号つきの駐車場

この2つの駐車場が同じような場所で、同じような料金であった場合、当然利用者は後者の駐車場を利用します。

現状の状態だと値上げが望めなかったとしても、こうした利用者の安心感をくすぐることができれば近隣の他の駐車場と差別化でき、値上げにも踏み切りやすいです。

ライト付き看板を設置する

地方の駐車場に多いのですが、看板は設置しているものの看板にライトを設置していない駐車場が目立ちます。

駐車場の利用者は、予めそこに駐車場があると分かっている人ばかりではありません。

新規顧客獲得にも繋がりますし、既に駐車場を利用している人にとっても明るい看板があったほうが親切でしょう。

利用希望者が増えることで値上げにも踏み切りやすくなりますので、この電気代くらいは必要経費だと割り切ってライトアップを検討しましょう。

ただし、駐車場経営のトラブルでも紹介しているように、近隣に住宅がある場合にはライトが明るすぎるとクレームに繋がってしまう可能性もあるので注意が必要です。

駐車場経営のトラブル例6選を月極・コインパーキング別に紹介!
駐車場経営のトラブルはどんなトラブルが起こるのか、またそれをどう対処していくかについて解説していきましょう。

駐車場経営を成功させる3つ秘訣

ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営を成功させる秘訣をこっそり教えますね。

成功の秘訣1 車を止めたいと思わせる

駐車料金や立地という要素も非常に重要ですが、駐車場を利用するのは人です。

そのため、車を置きたいと思わせるような駐車場にすることも忘れてはいけません。

  • 周りに人目はあるか?
  • 防犯カメラは設置されているか?
  • フェンスで囲われているか?
  • 車と車の間のスペースは充分か?
  • 道から駐車場の車全体が見渡せるか?

などなど、駐車場を利用するユーザーは料金や立地だけでなく、車の安全も考えています。

いくら料金が安くて立地がよくても、車にイタズラをされてはたまりませんからね。

ヒカリ
ヒカリ

ユーザーに寄り添った配慮がある駐車場を目指しましょう。

成功の秘訣2 料金を安くしすぎない

周りに別の駐車場がある場合、「そこから少しでもユーザーを引き込めれば」と思って、ついつい最初から周りの相場よりも安く金額設定をしてしまう人がいます。

ですが、最初から相場を崩すような金額設定をしてはいけません。

自分がその料金にできるということは、相手もその料金にできる可能性が高いです。

自分の値下げに対して相手も金額を合わせてくると、状況は何も変わらないままお互いの収益が落ちてしまうだけになります。

ヒカリ
ヒカリ

最初から相場価格を破壊するようなことはせず、徐々に調整していきましょうね。

成功の秘訣3 月極とコインパーキングの合わせ技

駐車場の運営方法には、

  • 月極駐車場
  • コインパーキング

の2通りがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、土地の全てをどちらかにしなければいけないことはありません。

広い駐車場の場合、月極だけでは埋まらないこともありますので、土地の半分をコインパーキングにするという手段もあるのです。

空きスペースを時間貸しにすることで収益性は大幅に向上しますので、そういった方法があることも覚えておくと良いでしょう。

ヒカリ
ヒカリ

使われていないスペースがあるのは、とってももったいないことですよ。

駐車場経営で失敗するのは全部1人でやろうとするから

3つの成功の秘訣をご紹介しましたが、既に駐車場経営の経験があるという人でない限り全部1人でやろうとすると失敗します

考えれば当たり前のことなのですが、

  • 車を置きたいと思われる配置
  • 相場料金を比較した上での料金設定
  • 駐車場所を検討した上での料金設定
  • 開始前の利用者シミュレーション
  • 月極駐車場かコインパーキングか
  • トラブルがあったときの対応方法

などなど、駐車場経営には事前に決めておくことがたくさんあります。

知識も経験もない人がこれら全てを自分でできるでしょうか?

答えはNoです。

確かに、全て1人でやれば仲介料がありませんので、全て利益を総取りすることが可能です。

ですが、その逆もまた然りで、何かしらのトラブルがあったときには、全て自分で責任を負う必要がでてきます

そのため、「稼ぐために始めたつもりが思ったように稼げず、管理に使っている時間を考えればバイトの給料よりも低い。」と言ったことは珍しいことではありません。

何もかも1人でやろうとするのはダメですよ。★

余っている土地を上手に活用し、将来のお金の不安から少しでも開放されたいのであれば、まずは土地活用のプロに状況を確認してもらうのが1番です。

どう考えても無理なら無理だとキッパリ伝えてくれますし、良い駐車場になる可能性があるならあなたの駐車場に合った最適な形を提案してくれます。

ヒカリ
ヒカリ

やる・やらないを決めるのは最終的にあなたですが、わざわざ1人で失敗のリスクを増やす必要はありませんよ。

失敗しない経営ノウハウ

駐車場経営の資料請求で各社を比較してみましょう。

駐車場経営マニュアル
ヒカリをフォローする
秘書が教える土地活用術
タイトルとURLをコピーしました