駐車場経営に必要な経費

経費

自分に所有権がある土地を持っているけど、家は別に持ってるから特に使い道もない…。

ただ土地を持っているとそれだけで毎年資産税が発生するため、ただ持てあますだけではもったいないですよね。

思い切って土地を売るという方法もありますが、もう一つおすすめの方法なのが駐車場経営です。

 

土地を売ると一括でお金がはいってきます。

大きな額が入ってくるのでその時は財布が温まりますが、それはその一時だけ。

それに比べて駐車場経営は、経営している間は長く収入があります。

その土地の立地が良く、キレイに整備された駐車場なら多くの人が利用するかと思いますので、長期にわたって安定した収入が期待できるんです。

しかしそんな良い駐車場にするためには、空き地を整備する必要があります。
どんな土地であっても駐車場にするための整備費用はかかるもの。

この費用をケチると良い駐車場はできませんので、駐車場経営の初期投資はしっかり行いたいですね。

駐車場経営の初期費用はバラバラです。

特に整備もせず、駐車スペースはホームセンターなどで売られているロープを敷いただけなんてところもあります。

それに駐車料金を徴収するための機械さえ置いておけばとりあえずは駐車場を始められるんです。

しかし整備をしていない地面は歩きにくさを感じるだけでなく、車でも走りにくいもの。
ゆっくり走らないと落ちている小石が車体に当たり、傷がついてしまうかもしれません。

周辺にコインパーキングなどがなければ利用者はいるかと思いますが、他にも似たようなパーキングがある場合は利用者が増えないかもしれません。

このことから、初期投資が少ない駐車場経営は思うように利益が上がらない可能性があるんですね。

 

駐車場経営にあたって初期投資を多くしておけば、それだけ良い駐車場ができます。

設備がしっかりしている、地面などの整備がきちんとしている駐車場は利用者からしても快適なので、また近くに来たらここに停めようと思えるはずです。

なので駐車場経営の初期費用は必要経費だと思って、出せるだけ出しましょう。

では駐車場の工事費とはどれくらいかかるのか?

各相場についてお話していきます。

駐車場経営の費用の各相場

まず土地に関しては、土地の所有者と交渉し、月々の金額を決めておきましょう。
その際に駐車場経営をすることを伝えて、所有者の許可を取っておく必要があります。

所有者の許可が出たら、まずは地面の舗装から始めましょう。

地面の舗装としてはアスファルトかコンクリートが推奨されます。

アスファルトは3000円~/㎡、コンクリートは5000円~/㎡が相場です。

土地の広さにもよりますが、なるべく工事費を安くしてくれる業者を探すことがおすすめ。
複数の工事業者に見積もりをもらってから決めると良いですよ。

 

次にライン引き


駐車場は車を停める場所なので、当然地面にラインを引いておかなければどこに車を停めればいいのかわかりません。

ライン引きは規格があって自分で行うのは難しいので、こちらも業者に依頼することがおすすめ。
1台につき5000円が相場となっています。

そして車止めの設置


車止めは置いていないパーキングも多く存在しますが、二台並んで停める箇所がある場合や、車の後ろがガードレールなどの場合は必ず置いておいた方が良いでしょう。

下がりすぎてガードレールにぶつかる、後ろに停めていた車にぶつかるなどの事故を防ぐためです。

こちらは1台分のスペースにつき6000円が相場となっています。

 

そしてパーキングに欠かせない料金精算の機械

こちらは一台につき40~50万円が相場となっています。
しかし料金精算の機械にはいろいろな種類があり、出入り口に設置する開閉バーのタイプ、駐車スペースにフラップ板を設置して生産するとフラップが下がるタイプなどがあります。

どれを導入するかによって費用も変わります。

またトラブルなく駐車場経営をしたいなら、監視カメラも設置しておいた方が良いでしょう。

2~3台設置して駐車場のすみずみまで確認できる配置にしておけば、盗難などの事件もそうは起きないはずです。

 

駐車場経営の費用はこだわればこだわるほど高くなります。

しかしそれだけ設備がしっかりしている良い駐車場になりますので、手抜きから始めるよりもずっといいでしょう。

良い駐車場を経営して、利益がしっかり上がるようにしてくださいね。

 

【完全無料】失敗しない駐車場経営ノウハウはコチラ
駐車場経営の資料請求で各社を比較

>>一括資料請求で比較してみる<<