コインパーキング経営はいくらかかる?初期費用やランニングコスト

  • ご自身の土地を活用したい人も
  • まだ土地を持っていない人も

まずは無料で土地活用プランを資料請求してみましょう。最短60秒であなたにピッタリな土地活用プランをご提案します。

ヒカリ
ヒカリ

コインパーキングの経営って初期費用がかかりそう、なんて思っていませんか?

コインパーキングの経営で必須の機器設置など、費用って実際どれくらいかかるのか気になるところですよね。

こちらのページでは、コインパーキングの契約形態とそれぞれにかかる費用などについてわかりやすくご紹介します。

コインパーキングの経営のかたち

コインパーキング経営には大きく分けて

土地を一括借り上げしてのコインパーキング経営
個人でコインパーキングを経営

の2つの経営形態があります。

一般的なのは、前者の「土地を一括借り上げしてのコインパーキング経営」で、土地さえあれば、コインパーキングの経営が可能となります。

ヒカリ
ヒカリ

駐車場を運営する会社に一括借り上げすれば初期費用ゼロで負担なく駐車場オーナーになれるんです。

個人でコインパーキングを経営する場合には、土地整備や駐車場用の機器の購入やレンタルなど、初期費用やランニングコストがかかります。運営・管理などもすべて自身で行うこととなります。収入はすべて自分に入ってきますが、その分負担も大きくなります。

ヒカリ
ヒカリ

コインパーキングは時間帯問わず不特定多数の方が利用する駐車場です。そのため24時間体制でのトラブル対応が求められることもあります。個人での経営はデメリットもしっかり検討しましょう。

 

コインパーキング運営会社に一括借り上げで駐車場経営

コインパーキングの運営会社に土地を一括借り上げする場合であれば、初期費用はかかりません。では、その場合の収入はどうなるのでしょうか。

ヒカリ
ヒカリ

コインパーキングの運営会社に土地を貸す、その固定賃料が収入となります。

一括借り上げでコインパーキング運営会社と契約をした場合、基本的には初期費用やランニングコスト、運営の手間などは発生しません。
ただし、中には土地整備など一部の費用を負担するといった契約もあります。

土地を貸し、収入は契約によって定められた固定の賃料となります。
初期費用ゼロで手間も時間もかけずに、毎月一定の賃料が入ってくるのは安心ですね。

ただし、コインパーキングの収入が増えても賃料は固定です。
場合によっては個人経営より収入が減るケースもあります。それでも、例えば稼働率が低かった場合のリスクを考えると、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

 

コインパーキングの個人経営 機器設置費用はどれくらい?

 

個人でのコインパーキング経営は負担が大きいですが、では実際に機器の設置費用などがどれくらいかかるのか気になるところですよね。

コインパーキングを経営する場合には、以下のような設備が必要になってきます。

 

  • アスファルト舗装
  • ライン引き・番号表記
  • 車止め設置
  • 防犯カメラ設置
  • フェンス
  • 精算機
  • フラップ板(1台分)
  • 看板・照明
  • 精算機雨除け
  • 道路の切り下げ

 

規模にもよりますが、これら初期費用には300万円前後の費用がかかります。
さらに、経営をスタートさせてからも、

  • 機器等メンテナンス費用
  • レシートなどの消耗品
  • 電気代
  • トラブル等対応で発生する費用
  • 釣銭用資金

といったランニングコストが必要です。
加えて清掃や機器トラブルでの対応など時間や手間もかかります。

 

ヒカリ
ヒカリ

対応しやすい立地で、初期投資が可能、さらに時間や手間を掛けられる方であれば、自分でコインパーキングを経営をすれば、より高い収入を得られる可能性はありますね。

 

駐車場経営を成功させる3つ秘訣

ヒカリ
ヒカリ

駐車場経営を成功させる秘訣をこっそりお教えしますね。

成功の秘訣1 車を止めたいと思わせる

駐車料金や立地という要素も非常に重要ですが、駐車場を利用するのは人です。

そのため、車を置きたいと思わせるような駐車場にすることも忘れてはいけません。

  • 周りに人目はあるか?
  • 防犯カメラは設置されているか?
  • フェンスで囲われているか?
  • 車と車の間のスペースは充分か?
  • 道路から駐車場の車全体が見渡せるか?

などなど、駐車場を利用するユーザーは料金や立地だけでなく、車の安全も考えています。

いくら料金が安くて立地がよくても、車にイタズラをされたり、駐車しにくいなどのデメリットがあっては魅力も半減です。

駐車場の初期費用にも関わってくる部分ですが、砂利敷きの駐車場よりアスファルト舗装の駐車場のほうが人気があります。悪天候時の状況なども確認しておきましょう。

ヒカリ
ヒカリ

例えば、ぬかるんで泥だらけになるような駐車場は利用したくないですよね。
ユーザーに寄り添った配慮がある駐車場を目指しましょう。

成功の秘訣2 料金を安くしすぎない

周りに別の駐車場がある場合、「そこから少しでもユーザーを引き込めれば」と思って、ついつい最初から周りの相場よりも安く金額設定をしてしまう人がいます。

ですが、最初から相場を崩すような金額設定をしてはいけません。

自分がその料金にできるということは、相手もその料金にできる可能性が高いです。

自分の値下げに対して相手も金額を合わせてくると、状況は何も変わらないままお互いの収益が落ちてしまうだけ。結果自分の首をも締めることとなってしまいます。

ヒカリ
ヒカリ

最初から相場価格を破壊するようなことはせず、必要に応じて徐々に調整していきましょうね。

成功の秘訣3 月極とコインパーキングの合わせ技

駐車場の運営方法には、

  • 月極駐車場
  • コインパーキング

の2通りがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらか一方で決めなければならないというものでもありません。

広い駐車場の場合、月極だけでは埋まらないこともありますので、土地の半分をコインパーキングにするという手段もあるのです。

月極駐車場の空きスペースを時間貸しにすることで収益性は大幅に向上しますので、そういった方法があることも覚えておくと良いでしょう。

ヒカリ
ヒカリ

長期間使われていないスペースがあるのは、とってももったいないことですよ。

駐車場経営で失敗するのは全部1人でやろうとするから

3つの成功の秘訣をご紹介しましたが、駐車場経営等の経験者でない限り、全部自分でやろうとすると失敗します

考えれば当たり前のことなのですが、

  • 車を安心して置ける配置
  • 相場料金を比較した上での料金設定
  • 駐車場所を検討した上での料金設定
  • 開始前の利用者シミュレーション
  • 月極駐車場かコインパーキングか
  • トラブルがあったときの対応方法

などなど、駐車場経営には事前に決めておくことがたくさんあります。知識も経験もない人がこれら全てを自分でできるでしょうか?

答えはNoです。

確かに、全て1人でやれば仲介料や手数料などが発生しませんので、利益が全て自分のものになります。

ですが、その反面、何かしらトラブルがあったときなど、全て自分で対応することになります。

そのため、「稼ぐために始めたつもりが思ったように稼げず、管理に使っている時間を考えればバイトの給料よりも低い」といったことも珍しいことではありません。

経験者でない限り、何もかも1人でやろうとするのはおすすめできません。

余っている土地を上手に活用し、将来のお金の不安から少しでも開放されたいのであれば、まずは土地活用のプロに状況を確認してもらうのが1番です。

どう考えても無理なら無理だとキッパリ伝えてくれますし、良い駐車場になる可能性があるならあなたの駐車場に合った最適な形を提案してくれます。

ヒカリ
ヒカリ

やる・やらないを決めるのは最終的にあなたですが、わざわざ1人で失敗のリスクを増やす必要はありませんよ。

  • ご自身の土地を活用したい人も
  • まだ土地を持っていない人も

まずは無料で土地活用プランを資料請求してみましょう。最短60秒であなたにピッタリな土地活用プランをご提案します。

未分類
空き地のヒカリちゃん

コメント

タイトルとURLをコピーしました