駐車場経営で失敗しないために(土地活用のノウハウ)

土地を持っているけど、どう活用すべきかで迷い、持て余しているという人も多いのではないでしょうか?

 

せっかくなので税金対策や副収入を得て少しでも生活の足しになるようにと、駐車場経営をしている方も多いです。

 

土地があるから何かに使いたいとは思ってもどう使えばいいのか分からない
経営ノウハウもないので運営できるか心配。
住宅・駐車場などを建設して収入を得ることはできるのか、、、
など色々と考えてしまいますよね。

 

広めの土地を持っているのなら何らかの形で活用しないともったいないものです。

 

売買するにしても何らかの建設物を立てて資産を得るかなど考えておきましょう。

 

貸家・アパートの経営よりもリスクはありません。考えられるリスクとしては、任せる不動産屋選びです。
アパート経営に比べて人相手をするこは少ないので、駐車場管理を適当にする不動産屋はよくいます。
また、アパートのような保証制度も少なく、賃料管理が難しいのも駐車場経営のデメリットです。

 

経費もあまりかかりませんが税金はけっこう出ていくことも考慮に入れる必要があります。

 

駐車場経営

 

駐車場経営で失敗しないために駐車場経営のメリット・デメリット

 

駐車場経営をしたいと考えているのであれば、経営前にメリットとデメリットを知っておきましょう。
メリットはもちろん大きいのですが、経営にはデメリットもあります。
その上で経営できるかどうかを考え、それから駐車場をつくるかどうかを決めてみても良いですね。

 

まずはメリットから。

 

駐車場経営は平面駐車場で舗装を特にしなければ初期費用が格安で済みます。
初期費用があまり出せない事を考えると駐車場経営が最もおすすめなので、初期費用が気になる人は駐車場経営が良いでしょう。
また駐車場はどんな場所でも借り手がつきやすいという点もあります。
住宅街でも周りにお店が多い土地でも、車で移動する人は必ずいます。
そんな人達が借りるので、駐車場を経営して全く利益が上がらないという可能性は少ないでしょう。

 

デメリットは税制上の点です。

 

駐車場はアパートや住宅貸し出しなどのように固定資産税の軽減がありません。
そのため軽減なく税金を払わなければならないので、所得税をしっかり払わなければならなくなります。
駐車場経営が上手くいっていればそれだけ利益も上がるので税金も問題なく払えるでしょう。

 

ただ月極駐車場などはコインパーキングのように毎日利益が上がるわけでもないので、
安定はしていますが、得られる利益は多いとは言えません。

 

土地が余っていて何かに使いたい、特に大きな利益を望んでいるわけではないという人にはおすすめですが、
たくさんの利益を期待している人にはメリットはあまりないかもしれません。

駐車場経営の初期費用は?

 

駐車場

所有している土地があり、その場所を駐車場として経営しようと考えている人もいるのではないでしょうか?

 

駐車場経営は初期費用がほとんどかからないものから、高くつくものまでさまざま。
どんな駐車場をつくるかによって異なります。

 

初期費用をあまり出せないのであれば、舗装を何もしない状態で貸し出してもいいでしょう。

 

未舗装だと借り手が停める場所に困ってしまうので、ホームセンターなどに販売されているロープを使ってライン代わりにしておけばOK。

 

ロープだとずれてしまうのでたびたび直す手間はありますが、初期費用はロープ代だけで済むのですぐに始められる駐車場です。

 

 

舗装するのであれば地面をアスファルトにするかコンクリートにするかによって初期費用が異なります。

アスファルト

 

アスファルトの場合は3000円/平方メートル、コンクリートは6000円/平方メートルが相場となります。

 

土地の広さによって変わりますので、土地が広ければ広いほど初期費用が高くなります。

 

また地面を舗装するだけでなく、その後はロープやラインを引く必要もありますので、
その費用も考えておかなければなりません。

 

 

コインパーキングのような駐車場にするのであれば、駐車場で入り口に置く機械をレンタルする必要があるので多額の費用がかかります。

 

 

近くに観光施設やお店が沢山ある場所であればコインパーキングを経営することで多額の利益を期待できますが、そうでない場合は利益が期待できませんのでおすすめできません。

 

それでもコインパーキングを希望するのであれば、コインパーキングを運営する会社に土地を貸し出すことをおすすめします。

 

土地を貸し出せば機器の設置費用などは運営会社が出してくれますので、初期費用0円で収入を得ることができます。

 

駐車場経営にも色々なパターンがありますので、どれが所有している土地に適したパターンかを見極めて活用していきましょう。

駐車場経営で失敗する理由

駐車場経営をしようと考えている人は、実際に経営をする前に失敗例があることを知っておくべきでしょう。
実際に失敗した例を参考にすることで自分自身が失敗しない事に繋がるため、成功例だけでなく失敗例も見ておいてくださいね。

@駐車場に不向きな場所

駐車場に向いている土地を手に入れたらすぐに駐車場用に整備したくなるところですが、その前に周辺環境をチェックしましょう。
電車やバスが多くあって車を利用する人が少ない、周辺に同じような駐車場がいくつもあるなどのことがあれば、駐車場経営は失敗する可能性が跳ね上がります。
駐車場向きの土地であっても周辺環境によっては集客できないという事なんです。

 

A駐車場管理に不向きな業者選び

駐車場経営をするとなっても自分自身で管理をする人は少なく、多くが専門の業者に依頼すると思います。
専門の業者であれば料金に関しては安心ですが、駐車場内でトラブルがあった時はどうかわかりません。
無断駐車やごみの不法投棄、契約者同士のトラブルの時、業者がすぐに対応してくれなければ契約破棄が相次ぐのは仕方のないこと。
どれだけ良い場所であっても業者の選び方を失敗することで駐車場経営が上手くいかなくなることもあるんです。

 

B料金の設定

周辺にいくつか同じような駐車場がある場合は、料金設定も確認しておくべきでしょう。
利益を上げたいのであれば高い料金を設定したくなるところですが、あまりにも高い料金設定では集客はうまくいきません。
周辺駐車場よりも高い料金設定をしていればそちらに集まるのは当然のことなので、周辺駐車場よりあまりにも高い設定にしないようにしましょう。
また周辺に駐車場がなくても相場よりはるかに高い金額を設定すると集客は見込めませんので注意してください。

駐車場経営で起こりやすいトラブルやリスク

駐車場経営は安い初期費用で始めることができますので、リスクが低い経営ではあります。
ただ駐車場系を始めてからリスクやトラブルが発生することもありますので、経営の前に知っておきましょう。

 

@駐車場料金を払ってもらえない

駐車場経営で最も多いのがこれでしょう。
契約して駐車場スペースを貸したにもかかわらず、月額料金を払ってもらえないというトラブルはいくつもあります。
これは個人で管理している場合に多いことです。
個人の場合は振り込み、または経営者に手渡しという形で料金を徴収していると思います。
それでは契約者が払わなければそのままとなってしまうため、確実に毎月料金を徴収することができないのです。
管理は専門の業者に依頼し、毎月引き落としにすることでこのトラブルを避けることができるでしょう。

 

A駐車場内の事故

駐車場の駐車スペースや歩道などについては経営者が自由に決めることができます。
駐車スペースに関しては規約がありますが、レイアウトは自由なので思い通りにすることができるのです。
しかしこのレイアウト、どんなものにするかによっては事故の元です。
駐車スペースが狭い、隣の車が停まっていると駐車しにくいなどのことがあればいつか事故は起きてしまいます。
また狭いスペースであれば塀に激突したり、歩行者との接触事故が起きる可能性も充分にあります。
基本的には事故を起こした当人同士で解決することとなりますが、駐車場のレイアウト次第では経営者の責任が問われることも。
そのため駐車場のレイアウトも慎重に行う必要があります。

 

B周辺に同様の駐車場が増加

駐車場が少ない場所で駐車場経営を始めたとしても、数年後にいくつもの駐車場ができ始めることは珍しくありません。
新たにできた駐車場が経営する駐車場よりも料金が安く、使い勝手が良ければそちらに流れる可能性は十分にあります。
それによって契約者が激減し、収入も少なくなってしまうのです。

駐車場経営の計画・準備

駐車場経営を考えるのであれば、まずは経営のための計画を立てましょう。

 

まずは駐車場事態を整えることから始めなければなりませんので、土地の整備について考えます。
土地の整備は業者にお願いすることとなりますので、依頼できる業者を選定し、料金について確認しておきます。

 

 

次に駐車場のレイアウトについて考えます。
駐車場の外回りに塀は設置するのか、またどんな風に駐車スペースを設置するのかについても考えておきましょう。
駐車が困難にならないよう、また契約者が駐車しやすいようスペースを確保しておきましょう。

 

また月極ではなく時間貸しにする場合は、ゲートの設置も必要です。
その場合はゲートの購入先、そしてゲートの購入費用に関しても確認しておいてください。
駐車場のレイアウトなどの計画ができれば、計画を一つずつ実行していきます。

 

ここまでに立てた計画を実行したら、駐車場自体はいつでも貸せる状態となっています。

 

しかしそのままにしておいても集客は期待できませんし、実際に貸すとなっても料金をどうやって徴収すべきかなど考えるべきことがたくさんあります。

 

そのため駐車場の管理をお任せする業者も探さなければなりません。

 

業者を見つけたら管理の依頼をし、その業者に宣伝もしてもらいましょう。
そうすれば契約も料金の徴収も全てお任せできますので、何もしなくても収益が期待できます。
自分自身で駐車場の経営を全てするとなると大変なので、経営の手助けをしてくれる業者探しも慎重に行ってくださいね。

駐車場経営と固定資産税

 

 

駐車場経営をする場合、自分が所有している土地を持っていることが前提となります。
土地を所有している場合は固定資産税という税金を毎年払わなければなりません。
この税金は確実に発生するものなので逃れることはできませんが、駐車場経営をするとなれば収益が発生するため、それから払うことができます。
ただ駐車場経営は思っている以上に高い収益が期待できない経営です。
初期投資が安く済むのは良いことですが、収益があまり期待できないのはデメリットですね。
駐車場経営には時間貸しと月極があり、時間貸しの方が高い収益が期待できるようです。
そのため高い収益を期待するのであれば時間貸しにするといいでしょう。
ただ時間貸しとなるとゲートの設置などがあるため、初期投資が少し高くつきます。
月極と時間貸しのどちらにするかをよく考えてから決断しましょう。

 

 

駐車場経営 周辺環境の変化

失敗しない駐車場経営をしたいなら、周辺環境に気を配る必要があります。
駐車場経営は顧客が集まらなければ意味がありません。
そのため周辺環境に気を配り、顧客がたくさん集まる場所に駐車場を設置する必要があります。
まず自分自身が持つ土地の周辺環境を見てみましょう。
周辺に同様の駐車場があまりないかを確認し、さらにバスや電車がどれくらい通っているかも確認します。
バスや電車がたくさんある場所であれば車を所持している人自体が少ない可能性が高いため、高い集客率は望めません。
しかしバスや電車の駅が遠い場合は車を使用する人が多くなるため、駐車場経営をすることで多くのお客さんが来るかもしれないのです。
周辺に多くの駐車場がない場合は、経営を始めた当初は多くの収益が期待できるでしょう。
ただ数年してから似たような駐車場がいくつもでき始めると、そちらに顧客が流れてしまう恐れがあり、収益が減少することも。
また新たな顧客を掴むことができればいいのですが、どうしても収益が増えない場合は撤退も考えておくべきでしょう。

スマイスター土地活用の特徴

 

アパートや住宅、駐車場を建設して収入を得たいと考えている人にも、
まだ何のプランも決めていない人にもオススメなのがスマイスター土地活用。

 

スマイスター土地活用は全国の建設会社を紹介してくれるサイトです。

 

 

全国の優良企業を紹介してくれるので、それらの会社の中から気になる会社に相談ができます。

 

土地の活用方法を決めている人は活用するための相談ができますし、何のプランも決めていない人は
どう活用すれば得をするかなどの相談にも乗ってもらえます。

 

プロが最もおススメの活用法を紹介してくれるので、その中からこれはいいかもと思える案を採用すればOK。

 

難しいことなども全てお任せできますので、困ったことがあっても全て相談に乗ってもらえますよ。

 

駐車場やアパートを経営する際の管理業務をそのままお任せすることもできますので、建設後に自分で管理をする手間も省けます。

 

駐車場経営は狭い土地・変形地でもはじめやすく、転用や更地への復帰が簡単です。

 

初期投資ゼロ活用も可能なのが駐車場経営です。

 

優良企業の紹介は無料でしてもらえるので、土地を持て余している人はぜひ一括資料請求をしてみてくださいね。

 

>>スマイスターの駐車場経営の資料請求はコチラ<<

 

スマイスター土地活用の利用方法が簡単です。>>利用手順はこちら<<

トップへ戻る